子ども手当

子ども手当に対する風当たりとかやたら強いですが、それに対して非常に憤りのようなものを覚えていたのですが、その憤りの原因をうまくいえずにモヤモヤしてましたが、こちらの記事を読んですっきりしました。

「子ども手当」は脱官僚の試金石

やたらマスコミとかがこれを悪にしたがるのは、官僚にとって都合の悪いものだったからなのですね。
納得。

色々言いたいことはあるんですが、あまり政治的なことは書かないことにしたいと思うので、ここでおしまいにします。
山崎元さんがおしゃっていることがあまりにも的を得ていましたので、思わず書かせていただきました。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする