ドコモで3歳以下の子どもがいたら応援学割2013を申し込もう

私は長いことドコモのユーザーなのですが、子どもがいても学割などの恩恵は新規加入者にしか適用されないと思っていました。
しかし、最近、ドコモの応援学割2013は既存回線でも応援学割の適用可能ということを知りました。

まずはドコモの応援学割2013の内容ですが、特定の基本料金プラン+パケットプランで基本料金割引かつパケット1000円引きというものです。
いくつかプランがありますが、最低料金ですませたい場合は、FOMA契約で

タイプシンプル(780円)+パケ・ホーダイシンプル(0円からの段階定額)

を選ぶと

タイプシンプル780円→無料

となり、通話もせずパケットを一切使わなければ0円(正確に言うとユニバーサル利用料がかかるので3円)で、持つことが可能です。

では、既存回線に応援学割2013を適用したい場合の手続きについてですが、子どもが未就学児の場合は、ドコモショップに行って子供を利用者として登録します。そして応援学割2013を適用したいといえば、適用してもらえます。なお、学割適用の際にはプランの変更が発生すると思われますので、その点も注意して下さい。例えば応援学割2013では、無料通話付のプランは選択できませんので、注意が必要です。ファミリー割引以外の通話が多ければ、適用しないほうがいい場合もあると思います。
また、一度学割を受けてしまうと、二度と学割を受けることができなくなる可能性もあります。ドコモの場合はいまのところ条件をクリアすれば、二回以上受けることが可能ですが、auとソフトバンクは一度しか受けることができません。

なお、小学生以下の場合は利用者登録で学割適用だと思いますが、中学以上だと名義変更が必要かもしれません。詳しいことは、ドコモに電話などしてご確認ください。
また、ここで書いた情報は間違いがある場合がありますので、必ずドコモショップなどでご確認してからプランの変更などをしてください。

応援学割2013(ドコモ公式サイト)

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする