iPhone5sはどこで購入すべきか、計算してみる

20131003-203108.jpg

iPhone5sはdocomoも扱うことになり、3社での発売となりました。
基本的には解約月を待ってMNPする、またはMNP一括0円祭りを待つのが一番安いと思いますが、個人的には現在docomoで使用しているAndroidにかなり不満がありますので、機種変更することにしました。

いろいろなサイトでどこの会社のiPhoneが安いか試算が行われていますが、それはそれとして、自分の状況に合わせた計算をしていくことが大事だと思います。
私の場合、docomoを10年以上使用しており、現在応援学割2013を適用中のため、基本料金が無料、パケット代金は1050円割引されています。
一方、auかsoftbankへMNPした場合、キャッシュバックなどは望めると思いますが、学割適用は難しいのでパケット代金がdocomoで使用するよりも高くなり、必ずしも安くなるとはいえない状況になります。
このような状況を鑑み、一度計算をしてみました。
(なお、端末はiPhone5s 16GB、一括購入です。ドコモでのプレミア購入プログラム利用の前提です)

まず、ドコモで素直に機種変更する場合の計算です。
1ヶ月あたりの料金を計算してみます。

<ドコモ 機種変更1ヶ月料金 学割あり>
基本料金  ¥780
パケット代 ¥5,460
SPモード  ¥315
応援学割2013 基本料金割引 ¥-780
応援学割2013 パケット代割引 ¥-1,050
月々サポート ¥-2,940
1ヶ月の料金(①)¥1,785

2年間使用すると想定し、2年間分の使用料+端末代金を計算します。

<ドコモ 2年間料金>
2年間の使用料金(①×24)=(②) ¥42,840
端末代金(③) ¥70,560
機種変更手数料(④) ¥2,100
2年間の支払代金合計(②+③+④) ¥115,500

次にauにMNPした場合です。
私はdocomo利用歴10年以上なので、解約金は3150円となるので、手数料などの値段は安くなっています。
まずauでの1ヶ月の利用料金です。


基本料金 ¥980
パケット代 ¥5,460
LTEネット ¥315
MNP基本料金割引 ¥-980
毎月割 ¥-2,835
1ヶ月の料金(①) ¥2,940

2年間使用した料金を計算します。なお、キャッシュバックが2万円あると勝手に想定(爆)

2年間の使用料金(①×24)=(②) ¥70,560
端末代金(③) ¥68,040
手数料(解約金・転出手数料ほか) ¥8,400(ドコモ10年で解約金3150円+転出料2100+新規契約3150)
2年間の支払代金合計(②+③+④) ¥147,000
キャッシュバック ¥-20,000
キャッシュバック含む支払代金 ¥127,000

続いてsoftbankですが、計算結果はauと同じです。

基本料金 ¥980
パケット代 ¥5,460
LTEネット ¥315
MNP基本料金割引 ¥-980
毎月割 ¥-2,835
1ヶ月の料金(①) ¥2,940


2年間の使用料金(①×24)=(②) ¥70,560
端末代金(③) ¥68,040
手数料(解約金・転出手数料ほか) ¥8,400(ドコモ10年で解約金3150円+転出料2100+新規契約3150)
2年間の支払代金合計(②+③+④) ¥147,000
キャッシュバック ¥-20,000
キャッシュバック含む支払代金 ¥127,000

iPhone5sではなくiPhone5にいけば安くなるとは思うんですが、以外にもdocomoで素直に機種変更する方がいいようなので、docomoで機種変更しました。
発売日に予約したところ、品薄でなかなか手に入らないといわれていたiPhone5s ゴールドですが、9/27に入荷→機種変更できました。
個人的には10月になるのを覚悟していましたが、想像以上に早く手に入りました。

使い心地はiPhone4sでもiPhone5でも変わらない、というところですが、LTEが快適です。Androidで使用していた頃よりもLTEのつかみがいいように感じます。私が使っていたAndroid端末よりもiPhone5sのほうがフォローする周波数が多いからだと思いますが。
高いお買い物でしたので、大事に使いたいと思います。
また、先日MNP一括0円でもらったauのiPhone5は売却して、こちらの購入資金の埋め合わせにします。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする