楽天でんわ 3分間の通話は無料 月額料金も無料

2016/11/22追記 下記のキャンペーンはすでに終わっています。ご注意ください。

楽天でんわが新規登録会員向けに新しいキャンペーン・楽天でんわ3分0円プランを開始しています。
その内容は、楽天でんわ経由での携帯電話での通話料金に関して、

・3分間以内の通話は何回でも無料
・月額料金もキャンペーン期間中は無料

となっています。
ただし3分間以上の通話は有料になります。

先着5万名という制限と、提供時期が2014年10月7日~2015年1月10日ということ。
提供機関終了後は月額料金を徴収するようになるのかは現時点では不明です。
「【特別プランご提供期間終了後の取り扱いについて】」というメールを提供期間終了前に送付して、継続するかどうかなどの手続きをする必要があるようです。
解約には特にペナルティはなさそうなので、とりあえず登録して、提供終了時に解約するのもありだと思います。

自分の場合は電話をする場合は

・保育園・放課後ルームへの連絡
・小児科への予約
・ピザの宅配
・佐川急便の再配達依頼

と、3分以内の電話がほとんどです。
そして、この手の電話の回数が多く、電話代が意外と馬鹿にならないので申し込みました。

楽天でんわについては下のバナーのリンクから申し込めます。詳しい説明もそちらで。

楽天でんわの注意点

注意点としては楽天でんわ経由でファミリー割引の入っているグループに電話してしまうと、楽天でんわから請求が来てしまうことです。
上記の楽天でんわのサイトを読んでいただければわかると思いますが、楽天でんわとは[003768]を電話番号につけることにより、楽天電話経由での通信を行うということになるからです。
そのため楽天でんわのサイトにもあるように、ファミリー割引内の電話には楽天でんわ経由にしないように注意があります。

楽天でんわアプリについて

IMG_0247

スマートフォンで使用する場合は、楽天でんわアプリを利用してかけると便利だと思います。
楽天でんわアプリの連絡先から、電話をかけると自動的に[003768]を電話番号につけて接続=楽天でんわ経由になります。
ファミリー割引内の人など[003768]を電話番号につけて発信したくない人は別途「無料通話リスト」に入れればOKのようです。
私は楽天でんわ経由でかけたい場合は「楽天でんわアプリ」を使い、それ以外の時は標準機能の電話アプリでかけています。(私の場合はiPhoneで使用しています。Androidでもあまり変わらないと思うのですが、もしかしたら違う可能性もあります)

MVNOの通話付きプランと相性がいい

ドコモは2014年9月より、スマートフォンで新規登録する人は月額料金2700円のカケホーダイ(通話料はいくらかえても基本的には基本料金のみでOKのプラン)に入ることが必須になりました。ほかの2社も追随する姿勢ですので、今後は2700円の基本料金+3500円からのパケット代、という組あわせになると考えていいでしょう。
しかし、ほとんどの人はカケホーダイのようなプランは必要ないと思います。
長電話する対象の家族に対してはファミリー割引かまたはFaceTimeAudioやLINE電話など、インターネット網で電話すれば無料ですみます。ビジネスではLINE電話などのIP電話は使用するのは微妙だと思いますが、家族間や友人なら何の問題はないでしょう。
要するに必要のないものを高い値段で契約させられる状況です。
このような中で注目が集まっているのがIIJなどのMVNOです。
MVNOとはドコモなどの回線を安く卸してもらったのを利用した通信。なので、ドコモのMVNOだと、ドコモ本家よりも安いです。
たとえばIIJならば

通話基本料700+パケット代2GB900円

なので、ドコモなどの大手キャリアよりも圧倒的に安いです。

制限はあるのですが(回線の速度が遅い、ドコモの端末を利用しての通信ではテザリングができない、など)、通話をあまり利用しない場合はこちらの方が圧倒的に安いです。月額5000円くらいの差といってもいいと思います。
しかし、ファミリー割引もないしカケホーダイでもないから電話は有料。そこで上記の楽天でんわと組み合わせると、3分以内の電話が無料になるのでとても相性がいいと思うのです。
IP電話を使いたくない電話ってだいたい3分以内の電話ではないですか?
長電話はIP電話(LINEとか)使えばいいのですし。
楽天でんわの3分無料プランが継続するかわからない状況ですが、現在MVNO使って電話もしている方は楽天でんわをおすすめします。

2016/11/22追記 上記のキャンペーンはすでに終わっています。ご注意ください。
スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする