運動会用カメラの爆速SDカードは並行輸入品で節約してみる

春に運動会を行う学校も多いかと思います。
そういう学校ではそろそろ運動会シーズンです。
お子さんの写真を撮るべく奮闘されているパパママカメラマンも多いかと……

ところで、運動会で写真を撮る場合、デジタル一眼レフやミラーレスカメラ、高級コンデジで連写機能を使われる方も多いかと思います。
連写機能の良いカメラを買うというのも大事かもしれませんが、良いカメラを買ったとしても、記録媒体であるSDカードの機能が低いと、高いカメラを買っても運動会撮影では意味がなくなってしまうかもしれません。

カメラを連写するときに、記録した画像をSDカードなどの媒体に記録しますが、その書き込み速度が遅いとカメラの連写速度に追いつかず、連写が途中で止まってしまいます。
ですので、持っているカメラが対応しているSDカードなどの媒体が対応しているうちの最も早い速度で書き込めるSDカードを購入することをお勧めします。

最近の機種ではclass10という規格に対応しているのが多いかと思います。
ただ、やはり高いです。。。
家電量販店に行くと本当に高い!!

ということで、おすすめは並行輸入品。

こちらは東芝の並行輸入品。
じぶんは中古パソコンショップで購入しましたが、Amazonなどで買えます。
ただ、マーケットプレイスなので信用のおける店かどうかを判断する必要がありますが。。
できれば実店舗がいいですね。。。

こちらなんかはさらに高い商品ですが、カメラが対応していればこれくらいのほうがいいと思います。

某家電量販店では8000円台ですから、並行輸入品のほうが圧倒的にお得。
つーか、日本人に対してぼったくりすぎ・・・

ということで、SDカードは並行輸入品が圧倒的にお得!という話です。
並行輸入品にはリスクがありますが(偽物を掴まされる、日本国内での補償がきかない)、ここまで価格差があると並行輸入品だよなあ、、、というのが正直な感想です。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする