同人誌の確定申告について

いろいろありまして、2018年より同人誌の作成活動を始めてしまいました。
まあ、20年くらい前もやっていた元オタクではあったのですが…。

テレビでは同人誌は儲かる的なことを報道する感じではありますが、儲かることはほぼありません。
相当優秀な上澄みだけです。
たとえば夏コミ・冬コミのスペース代は1万円超え…
コレに搬入費・遠征代・印刷費などがかかります。
印刷費も本が売れれば回収できますが、売れないことの方が多いです。
昔と違ってWebでも読める時代ですから、素人の創作物なんてわざわざ買わない人も多いですからね…
描く側も高いスペース代など払いたくないのでWebのみという人も多いです。
ということで、同人誌作るってかなりリスキーです。
現に自分も万単位の赤字です…けっこうしんどい。

と、赤字だから確定申告とか関係ないだろ、と思っていたのですが、そんなことはなく。
ちょっと恐ろしい記事を見ました。

収入がほとんどなくて赤字の事業でも帳簿を付ける義務と領収証を保存する義務はあります。この記事では、それらの義務を果たすためのできるだけ簡単な方法を紹介します。

要するに、赤字でも帳簿をつける義務がある。万が一税務調査に踏み込まれた際はチェックされるよと言う話です。
税務調査の際に赤字だという証拠はちゃんと残しておかないといけないということです。
正直言えば、脱税したいくらいもうけたいのですが(笑)
とにかく、きちんと帳簿付けは大事。で、やよいの白色申告 オンラインを使っての帳簿付けを始めました。
無料なのと帳簿のつけやすさがありがたい!
同人誌の場合、現金でのやりとりがほとんどなので、イベントでの売り上げはきっちりメモしておくのが重要かと思います。上記の方にも売り上げは記録しています。
銀行振り込みとかだと入金がわかりやすくて良いのですが…そこは現金やりとりの面倒なところです。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする