Apple Pay キャンペーン参加のためApple Watch2購入!

Apple Payが始まり、各クレジットカード会社のキャンペーンがかなり熱い状況です。
Apple PayはiPhone7などの店頭決済可能なデバイス以外でも、Web上の決済でも利用可能です。
しかし、キャンペーンのほとんどは、店頭決済を前提としたキャンペーンとなっています。
店頭決済以外のキャンペーンは下記に少しまとめてみました。

http://hoshi-money.com/1707.html

店頭決済以外とは言っても、利用できるサイトは本当に少ない。。。
これは厳しい。。。
そして、キャンペーンに参加できないのはつまんない(笑)

ということで、一番安く店頭決済のApple Pay対応できるデバイスであるApple Watch Searies2を購入することにしました。

Apple Watch Seriase2 購入までのプロセス

Apple Watch Seriase2に関しては売れ筋の商品とも思えず、すぐに購入できるものと思っていました。
しかし、見通しが甘かったことが判明。
かなりの品薄状態で、AppleStoreではだいたい1ヶ月待ちという状況です・・・。

%e3%82%b9%e3%82%af%e3%83%aa%e3%83%bc%e3%83%b3%e3%82%b7%e3%83%a7%e3%83%83%e3%83%88-2016-11-06-21-44-59

銀座や表参道のAppleStoreに直接行くと、購入できる可能性もあるようですが、在庫があるとは限らず、また、自分の住んでいるところからは交通費もかかるし時間もかかるし、とても直接AppleStoreに赴く気は起きません。

ということでAppleStore以外で購入できるところを探しました。

結局、購入したのはYodobashi.comです。
ご存じ、ヨドバシカメラのネット通販です。
ヨドバシでもApple Watch Seriase2は在庫がありませんでした。
しかし、Yodobashi.comの良いところは、入荷の予定があると「XX日入荷予定」とステータスが若干変化するところで、このステータスが変化したときにすかさず注文を入れ、実際その入荷予定日の翌日に配送されてきました。
本当にほしかった色ではなかったのですが、この際色などは多少我慢することにしました。
私が購入したのは、「Apple Watch Series 2 – 38mmゴールドアルミニウムケースとイエロー/ライトグレイウーブンナイロンバンド」という種類です。

Amazonなどではプレミアムをつけて販売されているようですが。。。
Yodobashi.comなどで定価で買えますし、在庫切れの状況ではありますが、色を選ばす、アルミニウムケースの場合でしたら、頻繁に入荷されていますので比較的速く手に入ると思います。(ステンレスケースの方は人気でなかなか手に入りにくいようです)

自分はヨドバシで購入しましたが、ほかにも入手しやすいのはNIKEのオンラインストア・実店舗です。
NIKEでの販売なのでNIKEコラボレーションモデルのみになりますが、NIKEとコラボしているからという理由でプレミアムのついた価格で販売されているわけではないので、デザインなどが気に入っている場合はNIKEでAppleWatchを買うのも手段の一つです。
運動する方はNIKEモデルの方が使いやすいと思うので、おすすめです。
(私は運動しないので通常モデルを買いましたが。。。)
AppleStoreで買うよりも、おそらくNIKEで在庫ありのステータスの時に狙って購入する方が速く手に入れることが可能だと思います。
なお、NIKEオンラインストアで購入する場合はハピタスを通して購入するのがお勧め。

日々の生活にhappyをプラスする|ハピタス

ハピタス経由で購入額の1.2%分のポイントがつきます。ハピタスのポイントは1ポイント=1円換算で現金やAmazonギフト券などに交換できるのでお得です^^

なお、AppleWatchには38mmと42mmの2サイズがあります。
私は女性なので38mmを購入しましたが、男性の方は42mmを購入した方が良いと思います。
38mmのAppleWatchを夫に装着させたところ、38mmだと小さい感じでした。。。
42mmだと4000円高くなりますが、男性の場合は42mmのほうが使いやすいと思います。
女性は逆に42mmは大きすぎて使いにくいかと思います。(自分は38mmでも大きすぎると感じるので。。。)

東京防災 Amazonにて無料ダウンロード可能

熊本・大分の大地震の被害に遭われた方に心よりお見舞いを申し上げます。
一刻も早い復興を願います。
熊本城の無残な姿を見ると、今回の地震がいかに甚大かがわかります。
早く地震が収まってほしいと願わずにはいられません。

Amazonでは現在「東京防災」のKindle版がが無料ダウンロード可能です。
The Goalのまつのすけさんによると、東京都民には1世帯1冊印刷板が配布されているようです。
東京都の防災ブックが無料!これとブラックカード・プラチナカードで大地震・震災に備えることを検討

自分の場合はプラチナカードで備えることは無理ですが(インビテーション絶対来ない・・・)、Kindle版の東京防災」の内容を履行して備えることは可能です。

私はiPad mini4に早速ダウンロードしました。

「東京防災」というタイトルなので、てっきり都民向けなのかと思いましたが、東京都に限定することは正直ほとんど書かれて
いません。むしろ、日本中すべての箇所で起こりうる地震、また台風などの災害に対してどのような備えをしておくべきかを中心に書かれており、広くいろんな方に読んでほしいと思いました。

ここに書いてあることで重要に感じたのは、自宅避難が可能なときのために、日用品や食料品を常に多めにストックしておくと言うことです。
カップラーメンや缶詰、レトルト食品、水などを1週間分多めに保存しておくことを心がけることで、いざというときに備えられると言うことを感じました。

また、阪神大震災や東日本大震災で被害に遭われ、避難所や自宅避難していた方の経験談も大変参考になります。

無料でダウンロードできますので、ぜひこの機会に一読することをお勧めします。

余談ですが電子書籍はiPadなどのタブレットで見るのが効率がいいです。
電子書籍見る程度なら、安いAndroidタブレットでもストレスはないので、1台持っておくのをおすすめします。

サイトが攻撃を受けていました

久しぶりの投稿となってしまいました。

実は2月優待のことを書こうと思って、Wordpressの設定画面を開いてみたら、開けない事態に。
どうも、このサイトが攻撃を受けており、問題を起こしていたようです。

いろいろなサイトを調べて、攻撃に対する対処をしましたが、これで完璧かどうかは不明です。
収まってくれればいいのですが・・・

そもそもサイトを放置状態に指定いなければこのような攻撃にはすぐに気づけたはずなので、大変反省しております。

これからは短い記事でも細々と更新して生きたいと思います。

妖怪ウォッチ 転売はそろそろ終了?

バンダイお得意の品薄商法?のためか品薄状態の妖怪ウォッチ。
そろそろ品薄も解消しつつあるか?という状況がここ数日来ています。

まあ、相変わらず情報を仕入れていないと手に入らないので、品薄には変わりないですかね。
ただ、転売は終了と考えていいと思います。
8月の発売より、定価3300円程度→10000円で転売、という状況が起きていたのが、こちらの妖怪ウォッチ DX妖怪ウォッチ タイプ零式

ここ数日、大量出荷が始まっているようで、転売価格が暴落していきそうな感じ。
以前は定価以上の買い取りがありましたが、すでに定価以下になった買い取り屋もあるとか・・・
定価以下買い取りになるとにわか転売屋が撤退するので、その分購入しやすくなると思います。
買えない!と嘆いていたパパ、ママさんたちも、手に入るのではないかと思われます。
Amazonでも一時期のような瞬殺ではなく、1時間くらいは残っているようなので、入荷のタイミングさえ合えば買えるはず。
ここ2日はかなりの出荷があった模様。。。

イオンは大量入荷しているのをみかけましたので、こちらも狙い目。土日ではなく、平日チェックするのが一番いいと思います。土日はたぶん瞬殺でしょう・・・

あとはトイザラスあたりもチェックできるかたはチェックしましょう。トイザラスは入荷が多く、そして値引きをしてくれないので、最後まで残っている可能性が高いと思います。
トイザラスは抽選販売という話を聞きますが、最近は平日の抽選販売だと抽選人数以下なので全員当選という話も聞きます。ホームページに抽選情報が載っている場合もあり、平日動ける人はトイザラスが良さそうです。

土日入荷のところは、抽選販売が多いかと思います(イトーヨーカドーは土日販売が多いかも)。
しかし、ここのところだいぶ出回ってきたので、抽選でも競争率は低いと思われます。

定価の3300円でも高すぎると思われるおもちゃです。
下手にプレ値で手を出さず、情報収集して定価で買いましょう♪

今年もよろしくお願いします。

あけましておめでとうございます。
今年も当ブログをよろしくお願いします。

2011年は震災などあり、大変な年でした。
個人的には次男が誕生し、子育てでいっぱいいっぱいの日々でした。
ブログもほとんど更新できず、申し訳ありません。

2012年はおそらく職場復帰をしますので、今以上に大変な日々になるかと思いますが、それでも出来る限り資産運用のためのアクションはしていきたいと思っています。
ただ時間があまりにもないので、やり方を考えた方が良いと感じています。
特に優待取りでは資金移動や現渡などの時間がかなり取られて、そのためうまく行かない場合もあるので、利回りを犠牲にして、効率的にやっていくほうがいいのかなあ、など。
具体的には、手数料を気にしていくつかの証券会社でクロスするのではなく、一つの証券会社でやる、というようなことです。

話は変わりますが、長男が4歳になり、男の子らしく戦隊や仮面ライダーなどのヒーロー物への興味が著しく強くなりました。
当然ながら、この手のヒーロー物のロボットなどをクリスマスプレゼントに要求してきたわけですが・・・これがなかなか手に入れるのが大変でした。
特に仮面ライダーの変身ベルトは超人気商品で、手に入れるのが難しくヤフオクで定価以上で買う人も多い商品だったりします。どうも毎年このような騒ぎになるようでして・・・。しかし、実際に買ってみると非常に魅力的な商品であり、子どもだけでなく親である自分もそのおもちゃにはまってしまったりしています;;
何が言いたいかと言いますと・・・少子化と言われて久しいですが、企業の方もしっかりそれに対応し努力して利益を上げる仕組みを作っていることを子どものおもちゃを買いながら感じたからです。
特に戦隊や仮面ライダーのおもちゃはバンダイナムコHDの売り上げに大きく関わってきます。戦隊やライダーの番組内でおもちゃの売り上げが上がるように売り出し中の武器やロボットの活躍を描くような番組作りがされていて、あざとい商法と感じてしまいます・・・。
「物が売れない」世の中だとは思いますが、そういう中での企業努力はかなりのもので・・・そんなことを感じた去年の年の瀬でした。

安愚楽牧場

やはり、といいますかなんと言いますか…。

むろん、出資したことはないのですが。

出資を考えたことが全くないかというと、お恥ずかしいことながら、実は何度か考えたりしたことがあっちゃったりして(^^ゞ

銀行が低金利なので、少しでも増やせる手段がないかなあ、、、なんてマネー雑誌とか見ていると、よく安愚楽牧場の広告が載っていて。
これが結構魅力的な感じで掲載されているんですよね。
出資してくれたら牛肉プレゼントとか、そういうのもなんか魅力的で。
あ○じゃんなんかでは、良く宣伝されていた気がするなあ…。。

で、調べてみると「やっぱ微妙じゃない?」ってな感じで。
出資金も一口30万くらいだったかな?で、私のような貧乏人にはちょっと手を出しづらい金額。
まあ、そんな感じで出資するのはリスキーな感じだなあ…ってことで安愚楽牧場には手を出しませんでしたが。

手を出さなくて良かったと思うと同時に。
「金返せ」的なことをいう出資者がいるのはちょっと疑問・・・。
出資する前に安愚楽牧場が倒産したりして出資金が戻ってこないというリスクは考えなかったんでしょうか???
 

地震と次男退院

巨大地震から3日たちました。
予想を超える大被害で、一人でも多くの方が無事であるのを祈るばかりなのと、一日も早い復興を願ってやみません。

自分は首都圏在住ですが、地震当時はNICUに入院中の次男を見舞いに病院に行っていて、家に帰ろうとNICUを出たところで地震に遭遇しました。
病院は免震構造だったため、通常の建物内よりは揺れは緩やかだったと思いますが、それでも長い横揺れに恐怖を感じました。あんなに長く揺れた地震は初めてのように思います。
NICUのほうを扉の窓越しに見てみると、看護婦さんが息子のベッドが倒れないように必死に押さえてくれました。それを見て、自分も中に入っていきたい気持ちになりましたが、NICUは一度退出してしまうと入り直すのにいろいろ手続きが必要だったりするのもあって、地震が収まったと同時にその場を後にしました。
病院を出て、家に帰ろうと思ったら電車が運休。いつ再開するかわからないと言われ、4kmほどの道を徒歩で歩いて帰ることになりました。
産後1ヶ月も経っていない状態で4kmの道を歩くというのは体に支障を来す恐れがあるのもあり、動かない鉄道に対してかなり不満を持ちながら歩いていたのですが、家に帰ってテレビを付けて津波の映像をみて、自分の不満がいかに小さく、そして事態が想像以上に深刻だったのを知りました。

地震直後は携帯など全く通じず連絡が取れず心配でしたが、家族親戚は皆無事で安心しました。ただ、旦那の実家が秋田なのですが、こちらは停電しているようで、その点が心配ではありますが…。

そんな中、NICUに入っていた次男が無事退院しました。
次男は地震の翌日に退院したのですが、地震の日が退院日でなくて良かったと正直思いました。
地震も不安だし、通常より小さい次男の子育ても不安ですが。。。(次男は2000gほどしかないので・・・)

今日の記事は地震のこともあり、かなり纏まらない内容ですみません;;

退院しました&次男誕生

先日のブログに書きましたが、子宮内胎児発育遅延ということで転院したのですが、胎児の発育がやはり悪く、いつ赤ちゃんの状態が急変してもおかしくないということで、急遽入院となりました。
入院後、妊娠高血圧症候群(妊娠中毒症)も発症してしまい、母子ともに危ないことになる前に出産したほうがいいということで、緊急帝王切開で出産となり、昨日無事退院しました。
妊娠9ヶ月での出産ということで早産となってしまいましたので、赤ちゃんのほうはNICU(新生児集中治療室)で当分の間入院することになりましたが、幸いにも赤ちゃんのほうは体重が普通よりも少ない以外は問題なさそうなような感じです。赤ちゃんの退院がいつになるかわからないですが、特に大きな問題もなさそうということなので、とりあえずほっとしています。

ところで今回の入院費用ですが、健康保険をかなり適用してもらったのと(帝王切開や胎児発育遅延での管理入院費など)、健康保険の高額療養費限度額申請を行ったのもあり、想定したよりも費用が安く済みました。
実は入院した病院は大きな病院(大学病院)で、ハイリスクな妊婦が多く集まることもあり、2~3ヶ月の入院をする妊婦も珍しくないような病院のため、そういう患者の金銭的な不安の相談に乗ってくれる専門の相談員がいて、その人からどんな補助があるかというアドバイスをたくさんいただきました。その方から「高額療養費限度額申請」の制度を詳しく教えていただいたりしたことが、今回の入院費用の軽減につながりました。
高額療養費限度額申請については機会があれば詳しく書いてみたいと思いますが、健康保険が適用される治療では自己負担額を超えた分は後々健康保険から払い戻しがあるのですが、高額療養費限度額申請をすると、自己負担限度額分までの医療費を窓口で支払えばいいという制度です。限度額申請をしないと本来かかった医療費を全額支払った後に、2~3ヵ月後に自己負担額を超えた分の医療費が払い戻されますが、限度額申請をしておけば自己負担額以上の金額を窓口に支払う必要がないので、多額のお金を一時的にでも用意する必要がないので、経済的にとても助かる制度です。

家から遠い大きな病院に転院するのは、最初はかなり抵抗があったのですが、経済面での相談に乗っていただけたことや、何よりも治療や看護のレベルの高さに感動してしまい、出産後は「ここの病院に転院してよかった」と自分もだんなもすっかり考えが180度転換してしまいました(汗)

いろいろトラブルはありましたが、何はともあれ母子ともに無事で良かったというのが正直な感想です。
赤ちゃんが入院しているので、まだまだ大変だけど、とりあえずは自分もゆっくり体を休ませて産後の体を回復させていきたいと思います。
ですので更新ペースは落ちると思いますが、今後も当ブログにお付き合いくださると幸いです。