セゾンパール・アメリカン・エキスプレス・カードでQUICPay3%

セゾンパール・アメリカン・エキスプレス・カードがQUICPay支払いだと3%ポイントバックということになりました。
期間限定のようですが(ホームページでは明確に表示されていませんが)、LinePayVISAカードの3%ポイントバックが2021年4月に終了するのを鑑みて、LinePayVisaの乗り換え先にするにはちょうどいいと考え、セゾンパール・アメリカン・エキスプレス・カードを申し込むことにしました。

入会特典として1万円分のキャッシュバックがるデジタルカードの方に入会することにしました。
これはセゾンポータルというアプリ内でデジタルカードを発行し、それをApplePayに登録することで店頭ではQUICPayとして利用することが可能となります。
デジタルでの発行ですので審査さえ降りれば申し込んでから数分程度で利用が可能となります。
特にもともとセゾンカードを持っていてセゾンポータルを利用している人なら簡単に発行できると思います。
私も5分程度で発行できました。

なお、あとから物理カードも送付されてくるとのことです。
カードにはカード番号が表示されず、アプリで確認する必要があります。この辺は正直面倒だなと思います。

なお、セゾンパール・アメリカン・エキスプレス・カードを初めて申し込む人はQUICPay利用時に+2%のポイントバックが入会月翌月まで適用されるとのことです。

LinePayVisaかセゾンパールか

セゾンパール・アメリカン・エキスプレス・カードもLinePayVisaも3%ということでどちらを使うべきか悩むところですが、私はQUICPayが利用できるところではセゾンパール・アメリカン・エキスプレス・カードを使って他はLinePayVISAを使っていく予定です。なぜならLinePayVisaで付与されるLineポイントは他のポイントに交換できず、セゾンパール・アメリカン・エキスプレス・カードで付与される永久不滅ポイントは他のポイントに交換可能だからです。
私は色々なポイントをdポイントに交換して、日興コーディアル証券のフロッギーでdポイントを使ってETFを買い付けることにしています。
私が日興コーディアル証券(フロッギー)で買っているETFは「iシェアーズ S&P500 米国株 ETF」(2563)です。
本当はヘッジなしのETFのほうでいきたいのですが、フロッギーの対象外なので仕方ありません。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする