【朗報】ドコモ 子育て応援プログラム発表

NTTドコモが「子育て応援プログラム」を発表しました。

%e3%82%b9%e3%82%af%e3%83%aa%e3%83%bc%e3%83%b3%e3%82%b7%e3%83%a7%e3%83%83%e3%83%88-2016-10-29-8-40-21
「ドコモ 子育て応援プログラム」を提供開始
(画像も上記より引用)

報道発表資料を見る限りでは、携帯電話会社にありがちな罠らしい罠はなく、条件に合う人は素直に参加してもよいプログラムです。
簡単に言うと、小学生以下の子供がいる場合、1回線に子供一人を登録でき、その子供の誕生月に期間限定のdポイントを付与するというものです。
ビッグダディのように子だくさんであればあるほど大もうけできる、ということでしょうか(笑)
「家族ごと取り込みたい」という姿勢が非常に強く見えるドコモですが、こういうところにもその姿勢が良く現れています。

ドコモ子育て応援プログラム 参加資格

「基本プラン(デバイスプラス・キッズケータイプラスを除く)及びパケットパックにご契約で、小学生以下のお子さまがいらっしゃるお客さま」が対象とあり、要するにドコモでカケホーダイプランで携帯電話を契約している人が対象です。カケホーダイプランであるならば、スマホではない携帯でも可能かと思われます。また、iPadなどのタブレットドコモで契約している人やドコモ契約のモバイルルーターも対象と思われます。
子供一人につき1回線まで適用対象。

たとえば夫婦で

・父親 カケホーダイライト+シェアパック5
・母親 カケホーダイライト+シェア子回線

の場合、2人のお子さんまでプログラム参加可能です。

ちなみに私は8回線(音声4+データ4)契約しているので、8人分参加できます(笑)

申し込みは基本的にドコモショップに行く必要があります。
証明書類としては親子関係を証明する書類が必要で、親子分の保険証や母子手帳を見せる必要があります。

ドコモ子育て応援プログラムの特典

ドコモ子育て応援プログラムの特典の最大の一つは、子供の誕生月にdポイント3000ポイントをもらえるというものです。
上の子の誕生月が10月だった自分の場合は後1年待つ必要がありますが(涙)、お子さんの誕生月が11月、12月という方は急いで登録しましょう!
このdポイント3000ポイントは「利用期間6か月のdポイント(期間・用途限定)」であるのが罠と言えば罠ですw
「期間・用途限定」のdポイントはPontaなどへの交換ができません。しかし、2016年10月現在「期間・用途限定」のdポイントはローソンなどの店頭での支払代金の充当には可能です。今回の子育て応援プログラムでもらえるdポイントもローソンなどで使用できる可能性が高いので、ポイント消費はしやすいと思います。

また、その他の特典として

・クラウド容量オプション プラス50GB 無料
・フォトコレクションプラス®」の月額料金280円(送料込)を最大13か月間無料

があります。
クラウド容量オプション プラス50GBもかなりありがたいです。
子供の写真データをクラウドにバックアップすることを考えているのですが、そのために私はAmazomプライムフォトを利用しようと考えていました。これはAmazonプライム会員になると利用できる機能の一つで、写真ならば無制限にアップロードできるというものです。

ただ、自分の場合はAmazonでそれほど買い物はしないので、有料会員になるかどうかは迷っていました。
今回のドコモの発表で、とりあえずドコモで契約しているうちは「クラウド容量オプション プラス50GB」でいいのではないかという気がしています。

ドコモ子育て応援プログラムのまとめ

ドコモ子育て応援プログラムはドコモ契約の携帯電話回線などに小学生以下のこども1人を1回線登録可能で、その子供の誕生月にdポイント3000ポイントもらえるという太っ腹キャンペーンです。
ドコモ子育て応援プログラムを退会したとしても、高額な解除料などを取られるような携帯電話契約によくありがちの罠などはなく、該当者であれば早急に登録することをお勧めします。
dポイントはローソンやノジマなどで利用できるます。
店頭で利用するためにはdポイントカードを作成し、そのdポイントカードを登録する必要があります。ドコモ携帯の方はdポイントカード登録時に自分の携帯電話の情報と紐付ける必要がありますので、そちらも忘れずに手続きしましょう。